バイアグラ 後発薬

バイアグラの後発薬が登場!

勃起力が全てではない!

 

と思いつつもやっぱり男なら勃起させたい!

 

と思うのが本心。

 

中高年男性にとって勃起力の低下は避けて通れない問題だ。

 

60代の6割にED(勃起障害)があ認められていると、データが出ている。

 

では、そういった時はどうするのか?

 

バイアグラを始めとするED治療薬を使うのだ。

 

実は、このED治療薬をめぐる勢力図が大きく変わろうとしている。

 

それは、2014年5月19日、ED治療薬の代名詞ともいえる「バイアグラ」のジェネリック医薬品「トーワ」の販売が厚生労働省より承認された。
5月から販売を開始している。

 

ジェネリック医薬品は、「後発医薬品」とも呼ばれ、先発薬と同じ有効成分を用い、同じ薬効が期待できる。
最大のメリットは、価格が大幅に安い点だ。

 

現在、バイアグラの相場は、50mg、1錠1500円程度。

 

トーワの発売元は1000円前後と言われているので、よりED治療薬が身近になっていきます。

 

しかしこうした薬の服用はすべてED患者に効果があるわけではありません。

 

 

60代の6割を占めるED患者のうち、Ed治療薬が有効な人は約7割です。

 

つまり、60代の約2割は、薬を飲んでも効果がなくEDが治らない、ということです。

 

そうった場合は、別のアプローチが必要です。

 

分泌量が低下した男性ホルモンを補うことで症状が改善するケースがあります。

 

男性ホルモンのテストステロンを注射するのですが、治療には保険が適用されるものもあります。

 

早い人だと注射をした翌日に効果を実感したという人もいるので、迷われた方は早めに検査を受けることをおすすめします。

 

それでも勃たない、という人には、大きく分けて3つの方法があります。

 

 

◯バキュームディバイス(陰圧式勃起補助具)

 

圧力によって勃起を促す方法で、陰茎を筒状のプラスチック管に入れ、ポンプで管の中の空気を少しずつ吸い出す。
真空にすることで陰茎に血流を導き、勃起させるのです。

 

臨床試験では、ED治療薬より高い85.6%という有効性を示しています。
しかし、陰茎の根元にゴムリングで栓をするのが非常に痛い・・・

 

勃起させるのに10分ほど作業時間がかかる、というデメリットもあります。

 

◯陰茎海綿体注射
陰茎海綿体に血管膨張剤を注射する方法です。

 

効果は、3?4時刊で、1回分の相場は4,000円?2万円。
狭心症患者など、ED薬やバキュームディバイスが使えない患者さんが対象です。

 

◯陰茎プロステーシス

 

前出の方法が全てダメな場合の最終手段です。

 

弾性がある棒状のシリコン物質をあそこの海綿体に移植します。
保険非適用ですので、かなり高額ですが、手術の相場は60万円?と言われています。

 

糖尿病患者は感染症のリスクが高まるので、要注意でしょう。

 

こういった手段もありますが、コレよりは精力剤や食べ物、運動の方が良いと思います。